機能について
サポートについて
その他

TOPページへ戻る

  

    ASP方式とは?

これまでは・・『自社導入方式』
自社導入方式とは、自社用にアプリケーションサーバ、データベースサーバ等の機器設置やアプリケーションソフトの開発や購入を行う従来型の運用方式です。
大量データの高速入出力や自社専用のオリジナルシステムで運用する場合に適しています。

『ASP方式』とは?
ASP方式とは、プログラムを購入するのではなく物のレンタルのように使用料を払って使う方式です。レンタルと違い、プログラムをお客様の手元ではなく、管理されたサーバーに置く点。プログラムのインストール・実行・アップロードもすべてサーバー上で行われます。

*受注管理から伝票発行、請求書発行までトータルに管理できます。
*WEBで動作しますので地理的に離れた営業拠点と物流拠点をローコストで繋ぐことができます。
*しかも必要なのはインターネットに接続するPCとプリンタだけです(機器オプションは別途機器が必要です)

■ASPのメリット
◆インターネットのブラウザから操作が可能。 ◆データベースソフトなどのインストール不要
◆古いパソコンからでも、インターネットの環境さえあれば利用可能
◆短納期が可能 ◆セキュリティが万全
◆オンライン上で同じ画面を共有できるため、遠隔サポートができる
ASP図
■セキュリティーについて
サーバーのセキュリティーに関しては、ウイルス・スパイウェアの防止のため、常時監視システムを稼動しております。
データベースは閉ざされた仕様のため、悪意の第3者により内容が開示されることは不可能です。



    導入イメージ

接続イメージ

接続イメージ

伝票作成イメージ
見積書3 完成伝票イメージ